ロープ素材について

 最近では、Kettal(ケタル)やRODA( ローダ)といった有名ブランドを中心に、ロープを用いた屋外家具コレクションが展開され、業界内で注目を集めています。繊細な糸の集まりが織りなす美しさ、高度なデザインを実現する柔軟さの他、兼ね備える特性の一つひとつが家具素材としての適性を心地よく満たしてくれるロープ。家具愛好家であれば、いち早くその魅力に触れておくべきです。

 ジゼル(GISELE) で扱うロープ家具コレクションは、アメリカ・ニューヨーク生まれの家具ブランドOASIQ Furniture によって手がけられた作品です。Textilene( ※ 1) とDiversatex( ※ 2) とを織り合せて丁寧に作られたロープの特長は、丈夫で耐久性に優れ、紫外線に強く、退色しにくいといった点にあります。また、柔らかな質感とロープ特有のしなやかさが、家具としての快適性を高めるといった役割を担っています。

※ 1 Textilene
 表面をPVC(ポリ塩化ビニル)コーディングしたポリエステル織物。難燃性と耐候性、さらには高度な防カビ性を兼ね備えているため、厳しい屋外環境下においても最小限のメンテナンスで長く用いることができます。

※ 2 Diversatex
 ポリプロピレンを主原料にするDiversatex は耐UV 性、耐薬品性、耐摩耗性を有し、加えてカビの発生に対する高い耐性を持つ素材として知られています。紡糸加工前の段階で着色されるので、摩擦や日光による退色がしにくいのが特長です。

都会的かつスタイリッシュな空間の創造

 ガーデンファニチャー素材の王道といえば、天然木材特有の自然な美しさと色調の変化を楽しめる「チーク」や、伝統的な織模様がエスニックな魅力を感じさせる「ラタン」が有名どころでしょう。両者は共にナチュラルな雰囲気で屋外環境にしっくりとなじみ、自然と調和したデザインが私たちの心をゆったりと和ませてくれます。また、天然素材であるチークには、経年変化によって一層増していく味わい深さを堪能できるといった魅力があります。

 一方、新鋭として近年注目されるようになったロープ家具は、チークやラタン等の天然素材とはまた違った表情で、“ 都会的かつスタイリッシュな空間の創造” に寄与してくれることでしょう。加えて、ロープ特有のテンション(張力)での座り心地を楽しめるのも、この素材ならではの良さであると言えます。

 屋外家具に新たな可能性をもたらすロープ、その素材感をぜひ一度ご体感ください。